人気ブログランキング |

K邸より

kawa2016.exblog.jp
ブログトップ

完成しました

まずは外観、外回りからです。
南面・・

f0375279_20385183.jpg
窯業系のサイディング張りですが親水機能があり雨で汚れが落ちるので結構いつまでもきれいな状態を保持しています。 黄砂の時期などは違いを感じますね。


北面ですが道路の反対に玄関を持て来ています。
できればいつも人がいる居室部分が南や東側を占めるというのが理想ですが、そうするとやはり水回りとか玄関・廊下などは北側に追いやられてしまします。
玄関が道路から奥にあるので訪れる人を玄関に自然に誘導してやるように自然石の歩道ブロック(飛び石のような感じで)を敷き詰めました。

この自然石は古い解体した建物の束石として使われていたもので、それの再利用です。 コンクリートブロックなどの歩道板とくらべるとやはり自然で重厚感がありますね。 施工するのは一つ一つ大きさも形もちがっていびつなものですから大変でしたが・・・
f0375279_20390898.jpg
北東側から見た様子。 建物の構造体自体が通常より高いので(1階の天井を高くするために標準より長い柱を使っています)ずいぶん大きく感じます。

f0375279_20393415.jpg
玄関わきには強化ガラスのスクリーンを付けました。 北風が非常につよい場所なので・・・
f0375279_20402789.jpg
玄関から敷地入口道路方面への誘導路です。これも花崗岩の自然石(さいころ状)で、旧邸の束石になっていたものですが、すてるのももったいないのであるだけ再利用です。

f0375279_20411198.jpg
あまり見たことのない方も多いかもしれませんが、基礎壁に丸い穴をあけて置きキャップでふさいでいます。
これは東西両面にあり、何かあった時の非常用の点検孔ですが、長期不在の際の床下換気通風孔になったり床下漏水時の排水孔になったり、設備を追加する場合のスリーブ穴になあったりします。 念のためのちょっとした保険でもあります。

f0375279_20404240.jpg
南側の庭部分なのですが埋め込んである自然石は旧邸で土台石に使われいたものです。 これも不整形で大きさも形もまちまちなのですがうまく配置してアクセントにしています。
将来的にはこの意思の周囲はクラッシャー木チップ舗装とか和芝を植えてしまう、などいうのもいいかもしれませんね。

f0375279_20420009.jpg
内部がほぼ完成した時点で室内の有害物質の代表格であるホルムアルデヒド濃度の測定を行いました。
写真でご覧のように周りには壁紙やそれを貼り付けるノリなども散乱している状態ですが結果は、「検出されず」 1,2階各部屋で同様の結果となりました。

中には測定器では検出されないごくごく微量の物質に敏感に反応してしまう方もいないわけではありませんが、常時屋内を24時間換気システムで2時間に1階以上、空気をフレッシュエアーで入れ替えていますので時間がたつにつれて軽減されてくると思います。 それでも・・・といわれる方は入居2週間から1か月前からこれらの換気を行い、エージングすると症状はほとんどなくなるようです。
建材関連のものではシック症候群原因物質は現在ではほぼ無視できるようになっていますが、むしろお客様が入居後に持ち込まれる家具類などの影響が大きいことが多いようです。

f0375279_20421781.jpg
玄関ホールから居間への入り口をあけてみたところ。 すぐ前に一部オープン階段が見えてきます。  実はオープン階段は様々あれどメーカーが販売している既製品はお驚くような金額のものばかりです。 今回は職人の手作り階段ですのでそれらと比べると3~5分の1程度の金額で実現できています。
デザイナーがよくやりたがるのが壁から段板だけニョキッと持ち出して板だけが見える、というようなオープン階段が多いですが、鉄骨でうまく見えないように補強するにしろ、段板を取り付けている壁が木造である限り長年の間に先端部がお辞儀してきたりと、いくつかのトラブルが出てくる可能性があります。
専門的にはこれも片持ち梁(キャンティレバー)といいますが一種の宿命とでもいえたりしますが、そこら辺をどのように対処して仕上げてゆくか、というディテール(細部)の考証が絶対必要です。 よく言われる言葉ですが「魂はディテールに宿る」・・・  ハイ。

f0375279_20423766.jpg
f0375279_20431088.jpg
f0375279_20432701.jpg
f0375279_20434681.jpg
台所のキッチンや水周りは特にお施主さんがこだわったところのようですんので
それに沿った来ずデザインとしました。 もっとも構造強度的に無理な部分はやむを得ずお断りした部分もでてしまいましたので、どこまでご希望にそえたのがちょっと心配なところですが・・・

f0375279_20440652.jpg
居間の一角を占める和室スペース

1階の天井は標準的な住宅の2.4m~2.5mより高い2.7mもありますので畳コーナー部分の天井はその分標準まで下がっています。

でも居間の天井が高いというのは確かに広々として圧迫感がなく良いもんですね。
ちょっと私も今回、見直しました。
f0375279_20450159.jpg
洗面所もお客様のこだわりの部分でした。イタリア製の洗面ボールということでしたので雰囲気的にもだいぶハイカラで凝ったようなかんじがします。

f0375279_20445088.jpg
同様にトイレの手洗いなどもこだわりの選択でした。
f0375279_20452167.jpg
これはいつもの弊社オリジナルスラブ暖房の熱源機です。
一升瓶2本程度のヒーターで1階の床下すべてを温めます
ただし、28年4月から東北電力の契約形態が変わってしまいましたので若干料金体系がそれにともなって変わったようです。
今後同様のスラブ暖房を採用する方は深夜電力以外の熱源機も考えてみてもいいかもしれません。 時代の流れはヒートポンプボイラーですが、ガスハイブリッドなどというものも最近は良いものが出てきているようですし・・・・

ただし、この熱源機、弊社では将来的にどのようなもタイプの熱源にでも代替できるよう、サービスポートをあらかじめ設けてありますので後でヒートポンプとかほかの熱源に変えることも比較的簡単にできます。 まあ、いってみればお湯が沸かせればなんでもいいので薪ストーブでも構わないのですが・・・(極論ですが)

f0375279_20453392.jpg
階段をのぼって2階へ・・・
1階の天井高が高いので2階への階高もその分高くなっています。
したがって階段の段数も通常よりは多くて、急勾配にならないように配慮しています。
f0375279_20454490.jpg
2階廊下から居間へはいったところ。
さらにその上のロフトの様子です

f0375279_20455586.jpg

小屋裏空間の有効利用ということでロフトを作っているわけですが、ここまでくればもう一つの部屋になりますね。
天井高は1.4mですので中腰で歩けるくらいしかありませんが意外と使い勝手はあります。
ちなみに屋根断熱も厳重ですので、この3階ロフトと1階床面の温度差は2度前後くらいしかありません。
昔の家の、2階や小屋裏部屋の夏の蒸し暑さに疲労こんばい、グロッキー状態になった記憶がありますがあれは何だったんだろう・・・

ちなみにこのお宅も性能と予算のバランスを勘案して北側はトリプルガラスLow-Eアルゴンガス入り窓。それ以外はペアガラスLow-Eアルゴンガス封入となっています。

f0375279_20461397.jpg
最後に2階のベランダです。奥行きが4.5尺ありますので小さな椅子とテーブルをだしてビール飲みながら夕涼みができるスペースがあります。(実は私がこれやりたいんですが・・・今住んでいる家のベランダは3尺巾なのでやっぱり狭い! 実用になるのはやっぱり1.2m以上ないと・・・とは思います)

以上でとりあえずのご紹介は終了ですのでよろしくお願いいたします。
細かい技術的な解説、うんちくは省きました。飽きるかもしれないけどそんなところも聞きたい、というご奇特な方は別途ご連らくくださいませ。

ありがとうございました。

※ちなみにこの建物も現在国内で最高の技術基準である長期優良住宅認定・構造強度3等級・25年基準熱損失0.4W/㎡・岩手県産木材利用促進事業による補助金付き となっております。



# by kawa2016 | 2016-10-07 20:18 | 住宅建築
f0375279_21335107.jpg
2階ロフトの様子。2階居間の吹き抜けから上がります。
県産木材の梁も現わしで見せています。
f0375279_21335911.jpg
巾9mにもおよぶロフト。結構ひろいですねぇ。
f0375279_21280486.jpg
ダイニングの作り付けテーブルとカウンター。カウンター周りにはエコカラット(有害物質の除去や吸湿効果があるそうです)を貼り仕上げてあります。
f0375279_21342853.jpg

トイレの手洗い器はお施主さんの要望のすり鉢タイプ。
f0375279_21343439.jpg
ほぼ出来上がった階段。(オープン階段部分)
f0375279_21345078.jpg
いつもの気密測定と室内のホルムアルデヒドの測定も行いました。 特に問題はないようですね。

# by kawa2016 | 2016-10-03 21:33 | 住宅建築

外部・ガラスなど

f0375279_21255535.jpg
ポーチの風よけ強化ガラスをいれました。
f0375279_21272860.jpg
洗面所のミラーなども・・・
f0375279_21282567.jpg

玄関アプローチの花こう岩敷。 これは解体した古い家の床下で束石に使われていたサイコロ上の物です
f0375279_21260998.jpg
こちらの長い花こう岩は古い家の土台石に使われていたものを埋めて敷並べたものですが、大きさも形も平らでなく、曲がっていたもので水平に埋めるのには苦労しました。
専用の治具を考案してクレーンかユンボで水平に吊ったうえで脇から土や砕石を埋めてゆくという方法です。

# by kawa2016 | 2016-09-26 19:25 | 住宅建築

内部の造作など

f0375279_21222519.jpg

内部の造作、家具などもここらへんから・・・
f0375279_21224077.jpg

# by kawa2016 | 2016-09-20 17:22 | 住宅建築

内部下地他

f0375279_21144431.jpg
天井が通常より30センチほど高くなっている居間です。約2.7mほどあります。さすがに広々しますね。
f0375279_21151165.jpg
階段は一部ですがオープン階段の希望でしたので既製品ではなく赤松集成材による造作となりました。
もちろん既製品もありますが、数倍の値段になっちゃいますので・・・。
f0375279_21145481.jpg

まえもって加工場でプレカットしておいたものを現場組しますが、設備類との取り合いで高さがうまく収まるかじつは作っている方もドキドキです。 (笑)
f0375279_21151971.jpg

# by kawa2016 | 2016-08-28 21:14 | 住宅建築

K邸建築工事の紹介


by kawa2016